中学:提出物を終らせるタイミング

中学1年生のある塾生が、
中間テスト前に、こんなことを私に言ってきました。

alphabet blur books close up

生徒「塾長。提出物が終わりません」
塾長「そっかー。ちゃんと前もって進めておけばよかったね」
生徒「ちゃんとやりましたよ。でも試験範囲が出たのが遅くて・・・」
塾長「おや?それが終わらない理由なの?」

中学1年生の1学期であれば、
どこからどこまでがワーク提出物の該当ページなのか、
なかなか前もって把握することは難しいかもしれません。

しかし、
2回の定期テストを経験した以上、
中学1年生のキミには、もうわかっているはずです。

提出物の該当ページの終わりは、
試験範囲が配布されなければわからないけれど、
提出物の該当ページの始まりは、
だいたい、前回の提出範囲の続きから、でしょう。

ask blackboard chalk board chalkboard

また、中学2年生の塾生が、私にこう言いました。

生徒「塾長は、前もって提出物を終らせなさいって、よく言いますよね」
塾長「ああ。それがいちゼミスタンダードだと思っているよ」
生徒「でも、自分はそう思わないんですよ」
塾長「ふうん、どうして?」
生徒「前日に全部やった方が、同じ問題が出たときにできるじゃないですか」

んーつ!

まあ、きっとキミは過去にそういう成功体験があったかもしれない。
でもね、
それって、いつも必ず、どの教科でも成功しているかな?

たまたま、それでうまくいったことが何回かあったことを引き合いに出して、
前日にまとめてやる自分の「あとまわし」を正当化しているんじゃないかな。

社会とかで、
たまたま前日に見たところがそのまんま出題されたとかだったら
それはラッキーかもしれないけど、
そのラッキーはいつも必ず起こるものではありません。

特に、数学では、
暗記するだけでなく、プロセスを身につけなければならない問題があります。
時として、問題集(ワーク提出物)の解答だけでは、
説明不足で、身につかないケースもあります。

そういうときに、1問1問、
しっかり時間をかけて「解き直し」をすることが大切だ
と私は思います。

pile of covered books

中学1年生・2年生のみなさんに向けて
理想的な提出物の終了タイミングを提案するならば、

試験初日スタートの1週間前

がベストタイミング。

部活の試合があってとか
試験範囲の発表が遅かったとか
どうしてもの場合でも、5日前。

そして、そこから直前期にかけては、
自分ができなかったところのやり直し
ちゃんとプロセスを理解できていない問題の時直し
暗記ができていないところをチェック
いちゼミの予想問題に全力で取り組む

2学期期末テストは、
三鷹一中生 11/20(火)開始 →11/13(火)まで
三鷹二中生 11/15(木)開始 →11/ 8(木)まで
三鷹三中生 11/19(月)開始 →11/12(月)まで
三鷹四中生 11/14(水)開始 →11/ 7(水)まで
三鷹六中生 11/14(水)開始 →11/ 7(水)まで
神代中 生 11/13(火)開始 →11/ 6(火)まで

を目安に、提出物を仕上げていきましょう!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中