中学:実技教科の勉強は?

「ジュクチョー!家庭科47点だったぁ」

あ、
ちょ、ちょっと待ってください(笑)

読んで下さっている方が、誤解されるかもしれないので、
注釈をつけておきますね。

この叫びは、決して悲嘆に暮れているわけではありません。

喜びの雄叫び

に他なりません。
47点ていっても、三鷹界隈では
技術50点/家庭科50点
の合計100点満点となっております。

47点ということは、
100点満点に換算すると、94点相当 てことですね。

この雄叫びを上げているのは、中学3年生です。
2学期の内申がアップしてもし「4」から「5」になれば、

換算内申で2プラス

となるので、都立一般入試にはとても大きなプラスです。
そりゃあ、雄叫びも出るでしょう。

creative desk pens school
Photo by Pixabay on Pexels.com

いちゼミでは、
実技教科の定期テストや提出物にも、
ガッツリ関わって行きます。

今回の2学期中間テストでは、
三鷹一中で 技術/家庭 のテストが実施されました。

三鷹一中では、毎年、技術/家庭のテストを中間テストに組み入れている

ということは、あらかじめわかっておりましたので、
3年生の夏休み明けから、どのような授業が行われているか
しっかりと塾生から聞き取り調査をし、1カ月かけて準備を整えました。

ちなみに、いちゼミでは、
昨年度の問題用紙をコピーしたものを
ペラっと塾生に渡すことを、塾長が固く禁じています。

なぜか?
といいますと、その理由は2つあります。

まず1つは、
そのテストを作成した先生への敬意を表するためです。
そしてもう1つは、
人が作ったものをコピーして、
生徒や保護者の方から「ありがとう」と言われることに
違和感を感じるから、です。

●学校の授業で子供たちが習っている内容
●教科書の試験範囲該当ページ
●昨年度の問題や、他校の出題傾向
などから、今年はこんな問題がでるんじゃないか
とガッツリ腰を据えて戦う。

そこにテスト対策の醍醐味があると私は思います。

ところで、
実技教科の中で、最も準備が大変な教科。
それは・・・・

「体育じゃない?男子と女子と別々だし」

たしかに。
体育は2倍準備をしなければならないということに加えて、
このヘンが出るんじゃないかなぁーとヤマをかけると
結構な確率ではずれてしまうので、

ヤマをかけずに、全部勉強させる

ことを前提とした「テキストづくり」に取り組まねばなりません。
だいたい、1回の定期テストで生徒に無料配布される
体育の定期テスト対策プリントは、16~20ページの冊子となっています。

あ、話がちょっとそれましたね。

実は、体育よりもっともっと大変な教科があるんです。

それは・・・・

音楽ですね。

音楽が、なぜテスト対策が大変か、
きっとみなさん想像がつかないと思います。

10月~11月にかけて行われる学校行事。
コレがヒントです。
わかりましたか?

そう。
合唱コンクールです。

実は、2学期の期末テストで、
音楽では、自分のクラスの「自由曲」についての出題
がクラス別にあるんです。

え?っということは・・・・??

そうなんです。
例えばある学校が、A組からD組まであったら、
有る学校のために、全部で4種類の音楽のテスト対策プリントを
作成しなければなりません。

そして、それは
三鷹一中・三鷹二中・三鷹三中・三鷹四中・三鷹六中
神代中・武蔵野・・・・・・・・・
と、塾生が在籍するすべての学校のすべてのクラスの分だけ
作成されなければなりません。

いちゼミでは、この音楽のテスト対策担当を、
「いちゼミの責任感」と異名を持つ
リーダーこと、佐藤先生が担当してくれています。

リーダー.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  ↑  ↑  ↑
佐藤佑介 先生(三鷹台教室長)

中学部:提出物の採点基準

現在、三鷹市・調布市・武蔵野市の公立中学校では、
試験日を締切とした、いわゆる「提出物」が設定されています。

おそらくこれは、この地域に限ったことではなく、
東京都内全域でそういうことになっているのだと思います。

提出物。
ひとくちに言っても、1つ1つ、千差万別です。

主なところでは、ワーク教材。
その他、よくあるところで、ノート提出。
実技では、作品やレポートを課されることもしばしばです。

ここで、気を付けなければならないことが2つあります。
1つは、提出物の採点基準
もう1つは、提出物が成績に占める割合の変化です。

ちょっと前までは
出したか出さなかったか
の2択だけでした。

出せばよし。
出し忘れたらアウト。

でも、そこからここ数年、
様子が少しずつ変わってきました。

先生からの「要件」がとても増えています。
・分析をすること
・感想を書くこと
・工夫すること(?)
・できるだけ読みやすくカラフルに

工夫とか、カラフルというのは、
採点者の主観で変わってきてしまいます。

また「感想を書く」についても、
3行だけ書いていて、「A」評価の生徒もいれば、
3行では「B」がつき、「感想は5行以上書くこと」
と注意書きが書かれて却されてくる生徒もいる。

もっと問題なケースでは、
1学期の初めに先生から説明があり

最高評価 A
2番目  B
3番目  C
評価不能 D

とする。とハッキリ明確に説明があったのに、
2学期になると

A+(プラス)  A-(マイナス)
A△(サンカク) A◎(ハナマル)

のような新しい基準が追加されることがあります。
プラス・マイナスはわかりますが、
サンカクってなんでしょう?

最高評価Aのはずが、Aハナマルが存在する

ということは、果たしてクラス、いや学年全員が
知っていることなのでしょうか。

知らないでいて「A」を最高と思っている人は
それ以上の努力をしなくなってしまうかもしれません。

また、あと出しジャンケン的に、
どんどんプラスの評価が出てきたときに、
採点基準のインフレが起こってしまうことがあります。

学習塾として、
我々のできることは、

それでも提出物にしっかり取り組み
できるだけ高い評価を得られるように
親身になって指導すること

だと考えています。

提出物(1)

この写真は、
今回の2学期の中間テストの際の
中学3年生のワーク提出物を、提出の前日に、
田中先生がチェックしているところです。

オレンジのふせんは、
提出物の解答または〇つけに「不備」があるところです。

この量っ!!

「提出物、もうおわった」
と、子どもたちが自己申告することを、
そのまま額面通り受け止めてしまっては非常に危険だ
ということがお分かり頂けると思います。

binding books bound colorful

もちろん、今回
中学3年生の提出物につきましては、
全員分、チェックをし、不備のあるところは直してもらいました。

さらに、当日、
塾生どうし、お互いに確認をし、
再チェックの上で提出するように決めています。

あら?
ちょっと記事が長くなってしまいました。

もう1つのトピック。
提出物が評価全体に占める割合(の変化)
につきましては、また次の機会に。

模擬テスト 早朝応援隊

今日は祝日。
いちゼミの先生たちは、
みんなで模擬テストの応援に来ています!

S__6144007

「忘れ物はない?」
「受験票、持ってるよね」

というノーマルなチェックはもちろん、

「国語は、〇〇〇からやるんだよ」
「社会で時間あまったら◇◇◇しなさいよ」
「キミは、数学かならず見直しをして!」

といったパーソナルチェックも、当日にしてもらえます。

何と言っても、
朝、初めての試験会場に着いたときに
これだけ知ってる先生たちがズラっといるという

「安心感」

それだけでも十分に伝わってくれればと思います。

 

 

 

中学3年生 保護者会

hogosyakai2

毎年おなじみ
中学3年生対象 塾長の保護者会 です。

10月のこの時期
私立高校の併願・単願推薦の基準は?
都立高校の今年度の入試傾向や合格基準は?
都立高校推薦入試の新しい制度や傾向は?

と、受験生のお子様をお持ちの保護者の方々にとっては
最新の正しい情報がほしいっ!
というのが正直なところでしょう。

いちゼミでは例年
春に1回、秋に1回
中学3年生を対象に保護者会を行っています。

b0d281ba434032aae739b7fe32f8f076-1024x799

こんな感じです。こちらは2016年度。

fa6babf5ae703837eaaf967198617a01

こちらは2017年度です。あ、前で話しているのがワタシです(照)

いちゼミ保護者のみなさんは
大変熱心に参加していただく方が多く
いつも多くのみなさんに参加していただいています。

本年度の保護者会は
10/13(土)に開催決定しました!
本日がお申込み締切日となっております。

大変残念ながら
塾生および保護者の方のみ対象
となっております。

ただし、
「これから、いちゼミで勉強したい!」
とお考えの方の場合は、ご一報下さい。
(中3生の方に限ります)

会場に対して余裕がありましたら
ご案内させていただくことも可能です。

塾長

 

生徒の〇〇〇を、預かってます!

これ、なんだかわかりますか?

DSC_0167

「封筒!」
→まんま やがな。
「優待チケット!」
→たしかにそう書いてありますけどね。

この封筒の中身
実は、スマホ なんです。

中学3年生の一部の生徒が
「塾長!スマホ、あずかってください」
と、自分から持ってきたんですね。

blur display electronics hand

これってなかなかスゴイことだと思います。

まず、第一に、
私が強制的に没収したものではなく、
生徒達が「自主的に」あずけにきているというところです。

例年、中3の先輩たちが、
私にスマホを預けているところを見ていたのでしょう。

今回預けてくれた塾生の多くは、
あらかじめ、友達に
「明日から塾長にスマホを預けるので、
試験終わるまで連絡取れません。よろしくね!」
とおことわりをしているそうです。

そして次に、
スマホを塾長(=51歳男性)に預けている生徒の
5人中4人が女子だということです。

ふつう、こんなオッサンに
スマホをさわられたら、ちょっとイヤですよね・・・・

というわけで

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
<塾長のスマホの預かり方>
①まず、電源を切ってもらいます。
②ティッシュなどでくるみます。
③紙の封筒に入れて保管します
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「やだー!ジジイの指紋ベタベタやん」

と、絶対に言われないように(笑)
細心の注意を払っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中間テスト対策 朝学習

朝5時。
夜明け前。
街はまだほんのり薄暗い闇につつまれている中、
いちゼミ本部教室には、もう明かりがついています。

DSC_0144

こんなに朝早くに?なぜ?

DSC_0142

教室はとても明るく
入口の扉もOPEN!
まるで誰かが来るのを待っているようなたたずまいです。

S__325345282

実は、朝から
学校に行く前に、
こんな感じで「朝学習」をやっているのです。

しかも、朝ごはんつき!

DSC_0166

社会科の岡本先生も参戦!

DSC_0161

国語のたなやんこと田中先生も!

DSC_0153

しかし、ずいぶん近いですね!

今日は授業がない
佐藤先生、大地先生も
こんなに朝早くから応援にかけつけてくれました!!

DSC_0165

お手製のテスト対策教材。
みんな真剣に取り組んでくれています。

DSC_0163

点数がどうこうじゃない。
人と比べてどうこじゃない。

キミ自身が、
しっかりヤリ切ったかどうか。
そこが大事だ。

さあ、みんな
行ってらっしゃい!!