中2の3学期は、中3ゼロ学期。

2年生の3学期は、
「中3 ゼロ学期」とも言われます。

つまり、今回の期末テスト、
そしてそれに付随する提出物などを、
いちゼミでは、「最後の練習試合」
と位置づけています。

しかし、
がんばれ!がんばれ!
まわりがいくら口をそろえて大合唱をしても、
子ども自身の意識が変わらなければ、
成績は、いつまでも今のままです。

じゃあ、どうすればいいか?

我々、講師スタッフは
そこについて1つの結論にたどり着きました。
答えは、シンプル。
一緒にがんばること、です。

本日は、いちゼミスタッフが
どのように生徒達と一緒にがんばっているか、
を、チラリとお見せします。

さてこちら、本部教室。
入口の机の上に所せましと並べられているのは
みなさんご存知(?)
自作のオリジナルテキストの数々です。

いちゼミでは、このオリジナルテキストを用いて
いち早くzoomを用いたオンライン指導をスタートしました。
出来合いの師範のテキストではなく、
講師がクラスごとにテキストを作成している
(しかも、教材費は無料なんです!)
というところが、オンライン指導へのハードルを大きく下げています。

おやおや?
こちらの袋には、「四中専用」の文字が。
学校別にテキストが分けて作られているのです。

お?こちらは、
三鷹一中専用試験対策問題の袋ですね。
よく見ると、体育のテキストが男女別に分かれています。

学年末テストは、特に体育の場合、
男子と女子が試験範囲が別々・・・・
なんてことはよくあります。

いちゼミは、そういったところも
細かく対応しているんですね。
これが、いちゼミのスタンダード。

合唱コンクールがあるときには、
音楽の各クラスの自由曲によって
問題が変わったりする学校もあるんです。

そういう場合は・・・・
もちろん、1クラスごとに
別々の対策テキストを作成しちゃうんですね。
これは、他塾には絶対にマネできないことですね。

三鷹一中用の袋をあけてみると。。。
数学予想問題(うb)?
そうなんです。
学校の進度によって、数学も予想問題を分けています。

今回の学年末テストでは、
確率が試験範囲に入る  →#テキスト
確率が試験範囲に入らない→bテキスト

というふうに試験範囲によってテキストを分け、
それを数学では
あ → い → う → え → お
と全部で5回の対策テストをやるわけです。

数学担当の塾長先生は、
今回の中2の学年末テスト対策のために
全5回 × #b2種類 =10パターン
の対策問題を作成している、ってことですね。

そして、よく見ると
技術・家庭・音楽・体育
実技教科も、全部入っています!

いちゼミでは、塾長からの厳しい指導で、
学校で行われた定期テストをコピーして生徒に配布すること
固く禁止しております。

なぜか。
まず第一に、無断で問題をコピーして配布するのは、
問題を作った先生に失礼です。
我々も、自作でテキストを作成していますから、
問題を作成するのにいかに手間暇がかかるか、
痛いほどよく理解しています。

定期テストを作成した学校の先生への
まずはリスペクトの気持ちを忘れてはなりません。

もう1つ。

コピーしたプリントを生徒に配って
「ありがとうございます」
と言われたとして
さて、がんばったのはだれでしょう?
という話です。

我々は、人が作った問題をコピーしただけ。
それでありがとうと言われるのは
私たちがやりたい仕事ではありません。

生徒のために、ひと手間、二手間。
まずは試験範囲の教科書の内容をよく読んで
たとえ実技教科であっても、
我々がまずその試験範囲を勉強すること。

そして、学校で配布されているプリントや、
授業で使っているノートなどを見せてもらった上で、
さて、自分が先生だったら、どんな問題を出すか、
という気持ちに立って、オリジナルの対策問題を作る。

これが、いちゼミの試験対策です。

三鷹六中生にも、同じようなサービス。

各学校の人数が多くても、少なくても、
いちゼミでは、同じようなサービスをしています。

六中生も
技術・理科・体育・数学
などが配布されていますね。

ここにまだない
家庭科・音楽 はどうなっているかと言いますと
「現在、鋭意製作中!」です。

実は、明日の都立高校入試に向けて、
先生たち、今、忙しいのピークです。
今日、中3生を送り出す最後の授業と、
「行ってらっしゃいタイム」
が終わってから、2年生の実技教科の対策を作るんですね。

このオリジナルのテキストをもらって
何人かのこどもたちの、目の色が変わります。
みんな、いちゼミのスタッフたちが忙しいということは、
うすうす感じているはずです。

塾長先生は、1月3日から
今日2/20まで、お休みがありません。
(次のお休みは2/28だそうです)

そんな中で、自分たちのために、
いちゼミの先生たちは、実技教科の対策を
(しかも、各学校別にオリジナルのテキストを!)
作ってくれたんだ・・・!

ただ「がんばれ、がんばれ」
口でいうだけでなく、
我々が実際に、一緒に頑張ること、
そして、どう頑張るかの、頑張り方を教えてあげること。

これが、こどもたちの意識を変える、
いえ、行動を変える大きな転機になります。

そして、最後にビックリなのが
こちらの時間割です。

これは、来週の時間割の1部です。

濃いオレンジ色が、中学2年生の授業です。
各教科とも、学校別のクラス編成になっていますね。

これは、各学校の試験日程に合わせて、
塾の授業も微妙に移動させて配置を変えています。

たとえば、理科のテストが火曜日だったのに、
授業が木曜日に行われる・・・
みたいなロスをなくしています。

さらに、
「今日は、他の学校の試験範囲をやるから、キミたちは自習」
というようなことが、いちゼミでは、絶対にありません。

年間を通して、いちゼミのクラス授業が「自習」になることは、
よほどイレギュラーなことが起こった場合のみ、数回だけです。

そして、よく見ていただくと
「音楽」「体育」「美術」「家庭科」
といった授業も組まれていることに気が付くと思います。

こちらは、いちゼミの伝統の「実技教科ワンコイン対策」です。
1コマ30分ですが、
そこでちゃんとした実技教科の「授業」を行います。
ワンコインとはいえ、お金をいただくわけですから、
自習まがいのただプリント解かせる・・・とかではありません。

いちゼミの、本気度。
おわかりいただけたでしょうか。

いちゼミでは、
本部教室
三鷹一中・三鷹四中をメインに
三鷹六中・調布市・武蔵野市の中学校

三鷹台教室
三鷹三中をメインに
西宮中など、井の頭線沿線の中学校

また、現在オンラインにも対応しておりますので、
府中や小平といった
少し遠くからご参加していただいている方もいらっしゃいます。

新中3生は、
春休みのロケットスタートに向け、
3月中に体験授業参加を大々的に受付しております。

三鷹駅南口徒歩1分に
駅前スタジオ教室 も構えておりますので、
中央線ご利用の方、また三鷹駅北口にお住いの武蔵野市の方、
ご興味・ご関心ございましたら、お問い合わせ下さい。

それでは、
最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

第一ゼミナール

大学入試を目指す人へ

コロナ禍 と言われますが、
そんな中でも、子どもたちは、毎日、
自分の夢や希望をかなえるために、
また、将来の日本や世界をこうしたいという
熱い思いを胸に、
高校進学、大学進学を目指しています。

いちゼミでは、そんな子どもたちの
熱い思いを真正面から受け止めて、
子どもたちには、
「夢をあきらめないこと」
の大切さを毎日、伝えています。

これだけの社会不安の中でも、
子どもたちの目の輝きは、
まったく色あせることはありません。

むしろ、この時代を経験した
今の子どもたちは、
とても強く成長してくれることでしょう。


■奨学金の制度■
今日は、新しい奨学金制度のお話です。
2020年4月から
新しい奨学金の制度(給付型)ができました。

経済的な理由で、
子どもたちが大学進学をあきらめる
というケースが増えているといいます。

私のまわりにも、
現在、休学している大学生がおります。

細かい条件があるようですので
ご家庭により、それを満たすかどうかわかりませんが
参考までにリンクをつけておきます。

奨学金の制度(給付型) – JASSO

都立推薦入試対策 始まってます!

いちゼミこと
第一ゼミナールでは、
都立高校推薦入試対策の授業を準備しています。

▼12月のクラス授業 本部教室
英語クラス(H/A/B/C)週2回×55分
数学クラス(H/A/B/C)週2回×55分
国語クラス(H/A/B/C)週2回×55分
理科クラス(A/B/C)  週1回×85分
社会クラス(A/B/C)  週1回×85分

英語ハイレベルコース 週1回×85分
数学ハイレベルコース 週1回×85分
国語ハイレベルコース 週1回×85分

英語復習コース    週1回×85分
数学得点UPコース  週1回×85分

塾長の作文コース   週1回×85分
塾長の小論文コース  週1回×85分
塾長の面接コース   週1回×85分

なんと、1学年でこんなに多くのクラス設定がされているのです。

特筆すべきは、都立推薦のための
作文・小論文コースが、きちんとクラスとして設定があり、
作文コースと小論文コースが、
それぞれ独立して、オリジナルのテキストをもとに、
「授業」として行われている、という点です。

作文コース・小論文コース・面接コース
それぞれ、若干ですが「空き」があります。
ご興味・ご関心のある方は、
ぜひ本部教室まで、お電話でお問い合わせ下さい。

冬期講習中にも、
作文・小論文・面接のクラスを設定しております。

本部教室
0422(47)8933

webサイトはこちら⇒ https://www.d1zemi

みたかまちゼミ 今年もやります!

  三鷹まちゼミ
  今年もやります!!

  いちゼミからは、私(=塾長)が
  こんな講座を用意しました。

  

 

  【43】絶滅危惧種 紫草の育成と観察
   三鷹市民の皆様に、かつてこの武蔵野の地に
   たくさん咲いていたという紫草についてのお話をさせていただくとともに、
   私が実際に育成している紫草を見ていただくという機会を
   用意させていただきました。
   こちらは「無料」の講座になりますので、皆様お気軽に
   お申込みいただければと思います。

 【42】伝統の紫根染め 復活を目指して
  われわれ みたか紫草復活プロジェクトは
  1)「むらさき」を絶滅から守ること
  2)伝統芸能「紫根染め」を復活させること
  3)「むらさき」が咲く街づくり
  の3つのビジョンを掲げ活動しています。
  
  そのうちの2つめのビジョン
  「伝統の紫根染め」
  の復活を目指して、われわれのプロジェクトが実際に行っている
  染色の様子を、三鷹市内の皆様に体験していただくための
  機会を設定させていただきました。

  むらさき草は、育成が大変難しく、
  その根を収穫し、紫色に色づいた根に含まれる成分を使って
  「紫根染め」を行います。

  わたしたちは、言い伝えや参考文献などをひもとき、
  できるだけ古式ゆかしき伝統の方法を復活させ、
  「みたか流」紫根染めの確立を目指しています。

  化学薬品などに極力頼らずに、
  米酢や、椿の灰を用いた染色方法で
  伝統の紫根染めの復活にチャレンジします。

  まだまだ試行錯誤の段階ですので、
  経験のある方も、はじめての方も、
  いろいろな方に参加していただきながら、
  みなさまと一緒に「みたか流」をつくりあげてゆきたい
  と考えております。

みたか紫草復活プロジェクト
facebookページ こちら

https://www.facebook.com/mitakamurasaki/
 

 

 

ライジン20 に映った?

私の友人、きぬた院長(八王子きぬた歯科)のとりはからいで、
大晦日RIZIN20の招待チケットを2枚もらいました。

すごいリングに近い席をいただいて、
感謝!感謝です。
長男と一緒にありがたく出かけました。

びっくりしたのは、
街のあちこちで
「RIZIN、見に行ったでしょ?」
と聞かれたこと。

「え?なんで知ってるんですか?」

と聞くと

「だって、テレビ映ってたよ!」

え?マジで??

YOUTUBEで確認すると、
最後の試合が終わったあと
観客席が映るところで・・・・・あっ♡

私と長男が
バッチリ映ってました♡


いちゼミサイクリング部

早朝から、

いちゼミサイクリング部のみんなが

本部教室に集まっています。

岡本先生

ゴーグル決まってますね。

あれ?関田先生も

ついに仲間入りですか?

おお?

いきなり羽交い締めーっ?

これは有名なパワハラ?

いえそれともセクハラーっ?

やおらコスチュームに着替え始める

関田先生。

ハロウィンの仮装なのかと思いきや、

じゃジャーン!

なんと!いちゼミ仕様のユニフォーム🎵

なるほど。

これを着てサイクリングですかぁ。

これなら

街でうわさの「きぬた歯科」の看板より

目立ちますねー。

関田先生

しっかり入塾案内してきてね!

行ってらっしゃーい!!

ラグビー日本代表、祝ベスト8!

sports_rugby

ラグビー日本代表
ワールドカップ2019
ベスト8進出、おめでとうございます!

VSスコットランド戦
感動しましたねー!

実は、塾長
ラグビー経験者なんです。

栃木県立足利高校という
あまり知名度のない高校ですが、
(あいだみつをさんの母校です)
高1からラグビーをやっていました。

実は入学前から
こっそりラグビー部の練習を
見に行ってたりして。

ルールもなんとなく
本を買ってしらべたりして。

わかったことは、
ラグビーって
ルールが単純明快でおもしろい!

なんといっても、
「人にぶつかっても、倒しても、おこられないって(笑)」
そんなスポーツあるんですか?
って感じで、衝撃の出会いでした。

高校1年生の最初は「3」番。
高校1年生の後半からは「5」番と
フォワードでがんばっていました。

楽しかったのは、
首を鍛える練習ですね。
次の日ヨコ向けなかったり、
ひどい日はしゃべれなかったり・・・(笑)

 

最後の引退試合のタイミングで、
腰部椎間板ヘルニアで手術することになり
試合には出場できないどころか、
病院を車いすで抜け出して応援という
ほろ苦い思い出の幕切れでした。
あの頃の熱い気持ちが
胸にこみあげてきました。

1555845fa4d84dc2df077b511b8ee0c7_t

ぜひ、優勝してほしいですね。

応援しています!