朝学習は、もちろん、朝メシ前

朝のダンスが終わると

7:00から朝学習のスタートです。

みんなが自分の受けたい授業を

自由に、選択して、

自由に、受けられる。

というところも

いちゼミ夏期合宿の自由なところ。

しかし、

そこで、素朴な疑問が沸き起こります。

「え?テキストは?」

なんと!

いちゼミ夏期合宿は

どの授業を受けるか受けないかに関係なく

参加する人は、全授業のテキストを

すべてもらえるのです。

スゴいですよね。

勉強も、しっかりやってます!

夏期合宿2日目。

そろそろ生徒たちにも疲れが見えはじめ

・・・なんてことは、

こちとら百も承知です。

だから、

みんなが飽きないように

あの手この手でいろんなタイプの授業を

準備しています。

勉強って、自分でやるもの。

そういう考え方もあるでしょう。

いちゼミではそういう意味では

多少「過保護」と思えるような面も

実際あるかもしれません。

私たちが常に考えているのは

teachingとcoachingのバランスです。

教え、導き、育むためのバランス。

とても難しいですが、

それを1人1人と向き合って

杓子定規ではない形で提供する。

これが私たちの理想です。

お昼ごはん~いちゼミの流儀~

いちゼミの合宿では、

ごはんの準備の流儀にもこだわります。

○みんなの分の配膳をみんなで協力して

できるだけ早く済ませる。

○団体だからと幅をきかせずに

他のお客さんの迷惑にならないようにする。

○宿のスタッフさんから

食事の時間変更を打診されたら

絶対にNOと言わない。

○食堂に入るとき、食堂から出るとき、

大きい声であいさつをする。

○他の団体さんにきちんとあいさつし、

お互いに、気持ちよく過ごせるよう意識する。

十分に気をつけながらの12年間。

それでも、ご迷惑をおかけしたり、

そそうがあったりすることもありました

^_^;

「あんなに、マナーのいいお客さんだったら、また来てほしいね!」

そう思っていただけるように。

今年も思いをこめて

「いただきます!」

2日目!午前中授業の様子

川上村夏期合宿2019

いよいよ2日目に突入です!

合宿のよいところは

先生との距離がものすごく近い

ということ。

いつもは聞けないようなことも

気軽に質問できますし、

なんといっても1コマ1コマのテーマが

はっきり決まっているので

とても受けやすい授業です。

当日受付制度なので

クラスの人数は、まちまちです。

高校生のクラスは

おおむね少人数で展開されます。

時間が空いている先生たちは

このあとの授業の予習だけでなく、

今日のアクティビティの準備や

夕食の段取り、

各部屋のゴミの回収、

そして教室のみまわりと写真撮影・・・・

のはずだったのに?

朝学習!

朝食前に、朝学習です!

30分間のライトなメニューで

アタマをほぐしていきます。

英語→英単語check

数学→計算練習ゼミ

国語→漢字マラソン①

理科→物理系小問群

社会→都道府県庁所在地

どれを選ぶかはキミの自由。

さあ、合宿2日目のはじまりだーっ!